新製品情報

レビューカテゴリ

AV・情報家電

生活家電

パソコン

カメラ

携帯電話・スマートフォン

時計

映画・音楽ソフト

ゲーム・電子楽器・電子文具関連

オフィス用品・文具

キッチン・日用品・雑貨

防災・セキュリティ

ペット用品

ファッション

医薬品・衛生用品・ベビー・介護

美容・コスメ・健康

スポーツ

おもちゃ

アウトドア

工具・DIY

寝具

家具・インテリア雑貨

車・車用品

リコール情報

話題の製品!注目商品!

1件~10件(全682件)   前へ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 次へ

  • 掲載日:2018/02/17

    特集

    決済にも大打撃のNEM流出事件、しかし仮想通貨熱は冷めず

    【日高彰の業界を斬る・2】  仮想通貨取引所・コインチェックからの「NEM(ネム)」流出事件は、発生から3週間あまりが経過した今も、サービス再開や被害者への補償時期が決まっていない。同社は2月13日、一時中止していた日本円の出金を再開したが、NEMを含むすべての仮想通貨の売買や引き出し、送金などは今もできない。流出した通貨とは関係ないユーザーも巻き添えにする形で、今もコインチェックのサービスは停止している。

  • 掲載日:2018/02/17

    特集

    シャープが不動の1位、ソニーは4Kテレビで追いかける

     「BCNランキング」の週間売れ筋ランキングによると、2018年2月5日~2月11日の期間で最も売れた薄型テレビは、シャープが17年9月に発売した「AQUOS LC-32S5」だった。1月の月間売れ筋ランキングでもトップを獲得しており、不動の人気を誇っている。

  • 掲載日:2018/02/16

    特集

    ファーウェイ、わずか2年半でSIMフリースマホNo.1の理由とは<前編>

     2014年6月にSIMフリースマートフォン(スマホ)の国内市場に参入したファーウェイは、わずか2年半で全国の主要家電量販店・ネットショップの実売データを集計した「BCNランキング」の年間販売台数シェアNo.1を獲得した。撤退するスマホメーカーがある一方で、なぜファーウェイはトップに上り詰めることができたのか。デバイス事業のトップを務める呉波プレジデントに聞いた。 取材・文/細田 立圭志、写真/瀬之口 寿一

  • 掲載日:2018/02/16

    特集

    業界最大容量の「ビッグドラム BD-NX120B」が便利なワケ

     ドラム式洗濯機は、洗濯物干しの手間を減らす。例えば、就寝前にセットすれば朝、乾燥まで終わっているので、手間いらず。基本性能もさることながら、選択の決め手になっているのはライフスタイルに寄り添った付加価値だ。

  • 掲載日:2018/02/15

    レビュー

    ライトでも機能充実 「HUAWEI nova lite 2」はおすすめのエントリースマートフォン!

     2017年、SIMフリースマートフォンメーカーNo.1のファーウェイが、これまでの製品で磨いた最新技術を気軽に体験できるエントリーモデル「HUAWEI nova lite 2」を発表した。3万円を切る価格にも関わらず、18:9の超ワイドディスプレイやダブルレンズカメラを搭載したアグレッシブな1台だ。約5.65インチの大画面ながら狭額縁で143gと軽く、女性でも片手で操作できるコンパクトボディ。価格は抑えたいが、高機能なスマホが欲しい、そんな欲張りな要望に応えている。

  • 掲載日:2018/02/15

    特集

    無線LANルータの販売単価アップ、エレコムが重視する販促ポイント

     単身世帯を中心に、ネットワークをモバイルWi-Fiやスマートフォンのテザリングでまかなうユーザーが増えている。固定回線を引いていてもプロバイダが無線LANルータを支給するケースが多く、家電量販店での販売台数は若干の縮小傾向にある。

  • 掲載日:2018/02/11

    特集

    <LOGOS・アイ・オー・データ機器のロゴ>IとOをつなげる「心」

     【LOGOS~企業や製品の顔となるロゴの歴史を追う】 40年以上の間、デジタル製品とその周辺機器を手掛けてきたアイ・オー・データ機器は、長い歴史の中で大切にしてきた理念を、2013年7月に生まれた現在のコーポレートロゴに反映している。

  • 掲載日:2018/02/10

    特集

    液晶テレビ「AQUOS」40型台からの買い替え、60型以上から提案する理由

     テレビを買い替える際、予算の都合はあるが、いまより大きな画面を想定している場合は多いだろう。例えば、家にあるテレビが46型なら、50型以上を念頭に入れつつ、売り場に足を運ぶ。だが、販売員が、そのまま50型のテレビをすすめると、購入後の顧客の不満につながる可能性もあるので気を付けたい。いったい、どういうことか。

1件~10件(全682件)   前へ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 次へ