レビューカテゴリ

冷蔵庫・洗濯機・掃除機・生活家電

電子レンジ・炊飯器・キッチン家電

エアコン・空調・季節家電

テレビ・レコーダー

美容家電・健康家電

カメラ・ビデオカメラ

パソコン・周辺機器・PCソフト

オーディオ・電子楽器

携帯電話・スマートフォン

電子辞書・電話・FAX・オフィス用品

インク・記録メディア・電池・電球

家具・インテリア雑貨

ゲーム機・ゲームソフト

映画・音楽ソフト

おもちゃ・ホビー

食料品・ドリンク・日用品・雑貨品

美容・コスメ・健康

医薬品・衛生用品・ベビー・介護

時計

工具・DIY

スポーツ・アウトドア・カー用品

文房具

アウトレット

住宅設備

フィットネス・トレーニング機器

リコール情報

ハウスクリーニング相談から判明、家のなかで最もきれいにしたい場所は「窓」



 シェアリングテクノロジー(シェアテク)は、全国から寄せられたハウスクリーニング相談に関するデータ4122件をもとにした「汚れやすい場所」の実態調査の結果を発表した。

 2016年9月~18年8月に寄せられたハウスクリーニングに関する相談を、掃除場所別に分類したところ、もっとも多かったのは「窓」(1166件)で、「エアコン」(1037件)と並び、1000件を超えた。以下、「レンジフード」(763件)、「床」(646件)、「洗面台」(622件)と続く。


 部屋別では「キッチン」が最多で、1420件にのぼった。「浴室」(1284件)、「トイレ」(1171件)も多く、水回りが相談の大多数を占めている。水回りに相談が集中するのは、浴室の水垢、トイレの尿石、キッチンの油汚れ、排水溝のぬめりなど、それぞれの汚れに適した掃除が必要で、汚れが落としにくいことが原因と考えられる。


 ハウスクリーニング相談がもっとも多く寄せられる月は「6月」。春秋夏冬の季節ごとでも「夏」の時期が突出している。6月は、夏が近づき、エアコンを使い始める家庭が多く、ハウスクリーニング全体に対する関心が高まり、結果的に相談が増えるようだ。


 シェアテクにハウスクリーニングを依頼する家庭は、自身では対処できなくなった汚れを掃除してほしいというケースも少なくないという。例えば窓の場合、汚れや時間が経った手垢などは市販のガラスクリーナーではなかなか落ちない。

 家庭の汚れに対する悩みを減らすためには、窓や水回りをはじめとした、汚れが取れにくい場所を知り、日常からの「こまめな掃除」や定期的なハウスクリーニングをを推奨している。



戻る



Copyright (C) 2004-2012 BCN Inc. All Rights Reserved.