新製品情報

レビューカテゴリ

AV・情報家電

生活家電

パソコン

カメラ

携帯電話・スマートフォン

時計

映画・音楽ソフト

ゲーム・電子楽器・電子文具関連

オフィス用品・文具

キッチン・日用品・雑貨

防災・セキュリティ

ペット用品

ファッション

美容・コスメ・健康

スポーツ

おもちゃ

アウトドア

工具・DIY

寝具

家具・インテリア雑貨

車・車用品

リコール情報

【会見速報】携帯電話の基地局から映像配信、ソフトバンクとソニーが防災対策で業務提携



 ソフトバンクとソニービジネスソリューションは11月9日、法人向けサービス「スマート情報カメラ」の提供を2019年春に開始すると発表した。

法人向けサービス「スマート情報カメラ」を2019年春に提供

 ソフトバンクが運用する全国の携帯電話基地局にソニービジネスソリューションのネットワークカメラを設置し、リアルタイム映像やアーカイブ映像を官公庁や報道機関、運輸事業者に配信。自然災害に対する事前の準備や対応、防災報道に活用することを目的とする。

 提供するサービスは、映像を特定の顧客が利用できる「専有パターン」と、複数の顧客が映像を共有する「共有パターン」の2種類を用意。専有パターンは、フルHD(1980×1080)カメラを顧客が自由に操作することができ、映像のライセンスを顧客が帰属する。共有パターンは、固定されたカメラ(解像度は1280×720)の画角の映像のみを利用することができ、ライセンスをソフトバンクに帰属する。

「専有パターン」と「共有パターン」の2プランを用意

 なお、映像は48時間分がクラウドに保存されるため、リアルタイム映像だけでなくアーカイブにもアクセスすることができる。

ユーザーに提供されるインターフェースのイメージ。リアルタイム映像だけでなくアーカイブにもアクセスできる

 設置を想定しているのは、沿岸、河川、火山、山間部、空港、港、駅、高速道路、サービスエリア、ランドマーク、市街地などのエリア。価格は、専有パターンで15万円/台、共有パターンで5万円/台で調整しているという。



戻る



Copyright (C) 2004-2012 BCN Inc. All Rights Reserved.