新製品情報

レビューカテゴリ

AV・情報家電

生活家電

パソコン

カメラ

携帯電話・スマートフォン

時計

映画・音楽ソフト

ゲーム・電子楽器・電子文具関連

オフィス用品・文具

キッチン・日用品・雑貨

防災・セキュリティ

ペット用品

ファッション

美容・コスメ・健康

スポーツ

おもちゃ

アウトドア

工具・DIY

寝具

家具・インテリア雑貨

車・車用品

リコール情報

日本初上陸、「攻殻機動隊」のVRライド型アトラクションがお台場に



 東京のお台場エリアにあるダイバーシティ東京 プラザが11月2日、2012年の開業以来から初の大規模リニューアルをしてオープンした。目玉として、日本初上陸のVRライド型アトラクション「hexaRide」が登場した。


 hexaRideは、4人掛けで3方向の合わせて12人が一度に乗れる台湾・ブロージェントテクノロジーズ製の「Q-Ride」というVRマシンを導入している。ユーザーがヘッドマウントディスプレイを装着して360度VR映像を見ると、その映像に連動して油圧式のVRマシンが上下、前後、左右、左右の傾斜、左右の旋回、前後の傾斜と6方向に可動する。ユーザーは、浮遊感や疾走感、大小さまざまな振動、コンテンツ内における爆風など、コンテンツへの没入感が楽しめる。

12人乗りで6方向可動装置を搭載した「hexaRide」

1人1台の超高性能PCがVR映像とVRマシンの動きを同期させる

 第1弾のコンテンツは、ベネチア国際映画祭やシッチェス国際映画祭などのVR部門で世界的にも高い評価を得ているVR作品「攻殻機動隊」で、hexaRide専用に製作した約8分のオリジナルコンテンツ「攻殻機動隊 GHOST CHASER」だ。東弘明監督とプロダクション・アイジーが映像を制作し、ブロージェントのモーションプログラミングチームと検証を重ねて完成させた力作である。

攻殻機動隊の公安9課の草薙素子リーダーがナビゲートする

 ストーリーは、クザン共和国という舞台で、次世代兵器の調整会議に出席する国防大臣を、草薙素子リーダーをはじめとする「公安9課」が襲いかかる反政府軍と戦闘しながら護衛するという内容。さまざまな登場人物の視点からの迫力ある映像が体感でき、首をどちらに向けても映像がシームレスに連動するため、自分が攻殻機動隊の世界に入り込んだ気分になる。

 ブロージェントテクノロジーズの歐陽志宏設立者兼CEOは、「まずは、日本で成功させて素晴らしい日本のVRコンテンツを全世界に広めていきたい」と、クローバル展開を視野に入れる。第2弾のコンテンツは、「進撃の巨人」が予定されており、現在、制作中だという。

ブロージェントテクノロジーズの歐陽志宏設立者兼CEO

 税込の体験料金は、18歳以上の大人が1000円、13歳以上18歳未満が800円、7歳以上13歳未満の子どもが400円となっている。
 ダイバーシティ東京 プラザでは、お台場で2店舗目となる「Air Bic Camera ダイバーシティ東京 プラザ店」がオープンしたほか、フードコートの飲食店5店舗のリニューアル、親子で楽しめる体験型知育デジタルテーマパーク「LITTLE PLANET×XFLAG」など新しい体験が用意されているので、休日に家族や友人と出かけてみてはいかがだろうか。



戻る



Copyright (C) 2004-2012 BCN Inc. All Rights Reserved.