新製品情報

レビューカテゴリ

AV・情報家電

生活家電

パソコン

カメラ

携帯電話・スマートフォン

時計

映画・音楽ソフト

ゲーム・電子楽器・電子文具関連

オフィス用品・文具

キッチン・日用品・雑貨

防災・セキュリティ

ペット用品

ファッション

美容・コスメ・健康

スポーツ

おもちゃ

アウトドア

工具・DIY

寝具

家具・インテリア雑貨

車・車用品

リコール情報

喫煙エリアでの加熱式たばこは非喫煙エリアに影響するのか? JTが調査



 日本たばこ産業(JT)は、加熱式たばこの使用による室内環境への影響について調査した。2018年9月に都内のカフェで実施。喫煙エリアで加熱式たばこ製品2種、紙巻たばこを喫煙した場合の、喫煙エリアと非喫煙エリアにおける成分の濃度変化を測定した。

ニコチン濃度の測定結果

 喫煙エリアのニコチン濃度は、加熱式たばこ「A」と「B」の使用時と、紙巻たばこの喫煙時で大きく異なるという。一方、非喫煙エリアのニコチン濃度は紙巻たばこの喫煙前・喫煙時も、加熱式たばこの使用前・使用後も、ほとんど変わらないことが分かったとのこと。

 この結果により、JTでは加熱式たばこ専用喫煙室の技術的要件として、扉付きの個室で一般的な施設に備わる排気設備があれば、非喫煙エリアの室内環境に影響を及ぼさないと捉えている。



戻る



Copyright (C) 2004-2012 BCN Inc. All Rights Reserved.